台東区とは

東京の「台東区」には年間4000万人を超えるという観光客をひきつける魅力あふれる街並みがあります。
上野には世界の文化芸術があり、古き良き下町風情が残る浅草ははずすことのできない人気の東京観光スポットのひとつです。

パンダも見れる上野動物園や弁才天が祀られボート遊びも楽しい不忍池、見るだけでも面白いアメ横に、世界のトップアーティストが舞台にやってくる東京文化会館がある上野の街。
格安の電気製品がそろう秋葉原電気街もすぐ隣にあります。
そして大きな雷門の提灯が目印の浅草寺の前には仲見世に食べ物屋、御土産屋が軒を連ねます。その数はなんと90軒なのだとか。有名な雷おこし、人形焼きのお店があります。
歩き疲れたら人力車で巡るのも楽しいもの。パワースポットとして注目を集める、招き猫発祥の地といわれる今戸神社へ参拝するのもいいものです。
話題のスカイツリーもここ浅草からの水上バスからならゆったり船旅気分でその全貌をご覧いただけます。

西浅草にある合羽橋道具街では代々受け継がれている技の厨房道具を遠方からお求めにいらっしゃる方々も大勢います。

古く懐かしい時代を思いながら谷中の街並みをそぞろ歩くのも散歩コースとしておすすめです。

東京にある「台東区」は"タイトウク"と濁らずに発音します。
この名前に込められた意味をご紹介しますと・・
"台"とはとても気品ある文字で、"東"は日の出の方角ということから力強く未来へと向かっていく明るさをあらわしています。
また、地理的にみると、上野の高台の東側に位置しています。
このようなことから「台東区」は気品と活気の意味と地理的なものから由来しています。

歴史的にみると古くは、明治元年にこのあたりに江戸府が配置、同年に東京府と改称されます。
そして「台東区」が誕生するのは昭和22年のことです。
既存の下谷区と浅草区が合併して発足しました。

平成24年のデータによると人口は総数18万5千人となっています。

ものづくりの観点からみてみますと、江戸時代から脈々と受け継ぐ伝統工芸品の数々に目がいきます。
歴史あるここ下町「台東区」では代々受け継がれてゆく技と材料で伝統工芸を大切に守り育まれていくのです。
各種展示会や実演などの催し物を通してより一層の振興が期待されています。



お問合せは台東区役所までお願いいたします。
〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 
電話:03-5246-1111(代表)
電話:03-5246-1052(総務課総務係)


【関連サイト】

車買取の基礎知識を網羅!

車買取店負けないための車買取の裏技を掲載しているサイトです。

ブログ

うさぎ屋
ゴージャスホーム
待乳山聖天(本龍院)
横山大観記念館
浅草今戸神社8
馬の情報館として知られる【矢先稲荷神社】

ウェブページ

最近のブログ記事

浅草今戸神社はどこにある?
浅草今戸神社8ブログ上
待乳山聖天の地図。
待乳山聖天(本龍院)ブログ上
うさぎ屋の地図
うさぎ屋ブログ上